2020年8月4日火曜日

チーフスタッフのコラム【2020年8月4日号】

新型コロナウィルスの感染拡大と、なかなか収まらないであろうこの状態の中、この世界と既存の価値観は、変わっていくのだろうか?変わっていかなければならないのではと、今ひしひしと感じています。


「24時間戦えますか~ビジネスマン、ビジネスマン♪ジャパニーズビジネスマン♪♪」というCMソングが流行ったのは、1989年。


働けば働くほど成果が上がった時代で、モーレツ社員を鼓舞したものでした。


成果を上げる、効率を上げることが最上なそんな時代真っ盛りを若いころに過ごした一人として、あれはいったい何だったのだ!?


でも、何の疑問も持たなかったし(若かったということか??)まさにイケイケで。。。そうこうするうちに、90年代に入りバブルがはじけて高度成長期は終焉を迎えることになりました。


今後、社会はどう変化していくのか。自分自身はどう主体的に生きていけばいいのかを考えなければと思いますが、なかなか答えは出ません。


我が家の子どもたちが学校へ行き、一母親として、学校は、画一的で、集団の中で個々が認められていないように感じ、不登校の子供たちが出てきて、


なんか変だ?何かがおかしい・・とそれまであまり考えてこなかった私が(自分の内面については始終悩み考えていましたが)、やっと疑問を抱いたのが90年代前半。そのころ茗荷谷クラブと出会いました。


不登校やひきこもっていた人たちと会って、この人たちが入っていけない社会っていったい何なんだろう?おかしいじゃないか!」と強く思いながらも、時はそのまま流れ、


自身の無力感を感じ、それでも、2013年からスクールカウンセラーをした2年間、学校は当時とは、ずいぶん変わったとこの目で確かめることができました。


私たちの作ってきた社会も、ほんの少しずつではありますが、変わってきているし、そのことに敏感に、そして、自分の価値観をきちんと問い直し、考えて、行動し、積極的に社会に関与していかなければならないと思います。


藤原辰史氏が、いみじくもこう言いました。「文明国家の基準は、弱者に対する態度である」私たちは、これまでどこに目をつぶってきたのかがわかってきたのではないか。


私たちの生活の営みは、リモートワークのできない人がいないと成り立たない。


そういう方たちが感染のリスクを抱えながら、働いている。


私たちの生活が深いところから問い直されていると。


もう一つ、コロナ禍について、なるほどと思った記事を紹介します。


斎藤環氏が、毎日新聞(8月1日)に寄せた文の中にこんな言葉がありました。長いですが、引用します。


「福祉の考え方に「Dignity of risk(リスクを負う尊厳)」という発想がある。あるいは「Right to fail(失敗する権利)」ともいわれる。


障害のある人に対して周りは保護的に接しようとする。


当事者が何かしたいと思っても「それは危ないからやめましょう」「それをやってしまうとあなたたちが死ぬかもしれないからやめなさい」と止める。


その行動が実は、障害者の権利を損なっているという考え方だ。


障害があっても主体的に生きる権利は、健常者と同等に持っている。


この発想を普遍化すれば、我々は誰しもリスクを負う尊厳を持っているといえるだろう。


(中略)行き過ぎたコロナピューリタニズムは、社会のあり様を貧しくする。


不潔の回避や健康重視という発想が行き過ぎ、健康イコール正義であり、不健康はことごとく悪だというような貧しい規範が生まれつつあるように思う。


そうならないためには、ゼロリスク社会ではなく、むしろリスクを負う尊厳を大切にする社会のあり様を、感染防止対策と並行して考えていく必要がある。


声高には主張しにくいが、それがないと痩せた文化、痩せた社会になってしまいそうな懸念が大いにある」。


私たちは思考停止に陥ってはならない・・と切に思います。


茗荷谷クラブチーフスタッフ 井利由利

2020年7月14日火曜日

チーフスタッフのコラム【2020年7月14日号】

緊急事態宣言が解除され、茗荷谷クラブは6月から活動を再開しました。


東京都の感染者数は増え続けており、予断を許さない状況です。


でもクラブにまたみんなの笑顔が戻ってきたことに、とても励まされています(茗荷谷クラブの感染対策については、詳しくは茗荷谷クラブHPをご覧ください)。


今後、この状況が続くことがほぼ確実と思われ、コロナ禍といかに付き合っていくかが課題です。


それにしても、この怒りにも似た不安感といったいどう付き合えばいいのでしょう?!


考えたことが2つあります。


まず1つは、コロナ感染に対して、コミュニケーション不足に気をつけたいということです。


様々な憶測や不安をあおる情報に振り回されないように、常に冷静に、自分の頭でしっかりと考え、できうる限り正しい知識を求めていきたいです。


人ときちんと話すと自分の考えがまとまり、冷静になれます。


「コミュニケーションに100%はあり得ない」と言われます。


私たちは人の話を聞いているつもりでも、自分の独自の認知のフィルターを通して、人の話を聞き解釈し、それを人に伝えます。


相手もまた自分の独自の認知のフィルターを通して理解します。


つまり「二重の」フィルターを通していることになります。


独自の認知のフィルターとは、その人の経験、感性、知識、環境などあらゆるものが影響しています。


だからこそ「自分と他人は違っていて当たり前」という心構えでコミュニケーションをする必要があります。


また私たちが道ですれ違った人を全部認識できないように、そもそも私たちの感覚器官には能力の限界があります。


どうしても自分に都合のよい見たいものだけを見る、聞きたいことだけを聞くという習性があります。


また、思い込みで不要に不安を強めてしまうこともあります。


そのことをいつも謙虚に心していきたいと思います。


思考停止にならず、わからないことはわからないと認め、もっと分かち合いたいから、コミュニケーションを続けて常に確かめ、今できることをやっていきたいと思います。


2つ目は、「合成の誤謬(ごびゅう)」についてです。


哲学者の内山節氏の記事(6月28日東京新聞の「時代を読む」)によれば、「合成の誤謬」とはもともとは経済学用語で、一人ひとりの判断としては間違っていなくても、全員が同じ行動をとると誤りになるというような意味です。


新型コロナウイルス対策において、感染を防ごうと家に閉じこもり、自粛を重ねるのは一人ひとりの判断としては間違っているとは言えませんが、それを全員が実行すれば私たちの社会が維持できなくなっていきます。


独立した単体としては都合のいい行動が、社会全体としては不都合な行動になるという考え方が「合成の誤謬」という論理にはあります。


感染防止か経済かではありません。本来の目的は社会維持です。


感染防止も経済も社会維持のための手段であって、目的ではありません。


医療従事者、介護や保育、清掃、生活用品販売、製造、インフラ従事者やメンテナンスなど様々な人たちが閉じこもることなく働いて、私たちの社会を維持し、生命の営みを守ってくれています。


茗荷谷クラブや相談室の開所も、微力かもしれませんが、生きる意欲を育むために行っています。


生きる意欲のためには、人との触れ合い、アートや、音楽、レクリエーション、遊びが必要です。


メンバーの皆さんは、一人ひとり自分で考え、判断して行動しています。当然、選択は各々であり、そのことに敬意を表したいです。


思考停止に陥り、誰もが同じことをしなければならないという考えが、差別や、自粛警察などを生み出しています。


多様性の中でこそ私たちは存在します。こうでなければならない・・ではなく、私たちの生命の営みは、あらゆるつながりの中にあります。


つながりと多様性を失わず、社会を維持することに、直接・間接的に自分自身がどう関われるか、参画できるかを真剣に考えていきたいと思います。

       

   茗荷谷クラブチーフスタッフ 井利由利